ファクタリングを契約する前に売上割引を知っておくべき理由

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に債権譲渡することによって現金化する手続きです。支払い前に現金化されるかわりに、ファクタリング会社に割引手数料を支払うことになります。この割引手数料をどのような勘定科目で処理するかという問題が発生してきます。

期日前に、今まで手形で処理してきた売上計上金額が、債権譲渡によって売上割引されることになったのです。売上割引される金額は、利息と考えていいので売上利息もしくは債権譲渡損と考えればいいのです。売上割引は、金額として支払利息や営業外費用に切り替わります。

売上割引を行うことで、売上にあたって消費税が加算されていますが、その利息に振り替わった部分は、消費税が非課税となります。

ファクタリングを利用することによって、発生する割引手数料は相手方企業の信用度に基づいて決められることになります。従って、今まで約束手形で割り引いていた場合一律で負担がかかっていた割引料が、結果的に低い金額に抑えられることもあります。しかも割引料が営業外費用として計上できるのであれば、売掛金科目での処理でないため財務諸表に影響を及ぼすことなく、現金科目が増加することになります。経理上において、ファクタリングはキャッシュフローを改善することにつながります。しかも費用計上されること、売上割引による消費税の軽減をはかれることもメリットとなってきます。

経理処理は、各社によって違った処理をすることもありますので経理部門との調整が必要になります。